パワーブリーズの効果を検証!【使い方と体験談】

肺活量トレーニングの方法と重要性

肺活量を上げるには、広げるとテニスコート1面分にもなると言われる肺を最大限活用する為に、
呼吸筋を鍛える事が有効になります。

 

普段から激しい運動をしている方や呼吸筋を日頃から使っている方など(分かりやすい例でいうと、歌手や管楽器の奏者さんなど)は、肺活量も既にかなり大きいと思います。

 

しかし、私達のような一般人には、そうも行きません。
なおかつ、私の場合、小さい頃から喘息持ちなので、
気管支や肺機能には自信がありませんし、肺活量も当然自信がありません。

 

ということで、何もせずとも、1日2万回ほどと言われる「呼吸」ですので、
鍛えて損は無いだろう。と言うこともあって、パワーブリーズを購入したんですよね。

 

実際、既に肺活量の多い方でも、パワーブリーズを日頃のトレーニングやウォーミングアップとして使用されている方も多いようです。

 

B'zの稲葉さんもレコーディングやライブ前のウォーミングアップとして、パワーブリーズでの呼吸筋トレーニングを取り入れていたそうです。
プロの歌手が信頼を置いているトレーニング機器ということもあって、信頼もできそうですしね。

 

何より、呼吸筋を鍛えるトレーニングや肺活量を上げるトレーニングは、ネット上でも数多く紹介されていますが、どれもいまいちな感じがするんですよね。

 

「風船をひたすら膨らませば、肺活量を上げるトレーニングになります!」とか、
「ペットボトルを使って、ひたすら呼吸を繰り返す」とか、
「壁に紙を1枚あてて、その紙が落ちないように、ひたすら息を吹きかける」とか・・・・。

 

 

そんな方法しかないなら、7000円くらい払って、ちゃんとした機器買ってみようかなって言うことで、
パワーブリーズを買ってみました。

 

 

↓リアルタイムで更新されます。
【送料無料】楽天市場でパワーブリーズが最安値の店舗はココ